ガールズバーで女子力モテ力向上委員会【レベルアップで新たな自分】

店舗の独自ルール

店

新宿のガールズバーで働く際に気を付けるべき点として、店舗ごとにルールが異なる事を知っておきましょう。ガールズバーのシステムは店舗によって禁止事項と掲げている店舗もあるため、自分が働きたい店舗の情報を集めておくと良いでしょう。特に重要な事として店舗のコンセプトがあり、コンセプトは確実にチェックするようにしましょう。また、姉妹店に移動する際にも、ルールが異なる事が多いので、入店前に確実に確認するようにしましょう。ガールズバーはキャバクラと同じだと思っている女性も多くいますが、キャバクラとは異なります。接客の仕方は、カウンターバー越しや飲食の配膳など、お客様との密着度がないため危険性がないのが基本的なサービス内容となっています。店舗のルールによっては、オプションなどでお客様の隣に座り接客するサービスがあるお店もあるので、交流などが苦手であるのであれば、店舗に所属する前に面接で確認した方が良いでしょう。ルールを確認する事で、自分の安全性を高める事が出来ます。

新宿に限らずガールズバーでは、働く女の子の安全性を重視するお店が殆どで、お客様との交流はカウンター以外で行わないのが基本的なルールとなっています。メルアドの交換はNG行為としている店舗が基本的のため、プライベートでお客様との接点がないのも魅力的なポイントとなっています。バーテンダーも女性が行っている店舗が一般的であり、バーカウンターよりも内側は女の子しかいないのも安心出来るポイントです。客層としても、女性客が来店する頻度も増えており、男性以外のお客様とも会話する機会が増えています。安心に働けるよう新宿のガールズバー業界では様々な工夫がなされているので、水商売で初めて働く女の子にも人気のあるお仕事となっています。会話のルールなども存在していますので、トラブルを起こさないようにするためにも、所属したら先輩やチーフなどに話しを聞いて、ルールを守って働く事が安全に働くためのマナーでもあります。周りの事も意識して働くようにすると、良い職場環境作りをする事が可能となります。